国際ヒューマンポテンシャル協会(IHPA) > ごあいさつ

代表者挨拶

三枝理枝子
日本ヒューマンポテンシャル協会 代表理事
三枝 理枝子(さえぐさ りえこ)

【略歴】
・青山学院大学文学部英米文学科卒業 全日本空輸株式会社入社後、国内線、国際線チーフパーサーを務める。
 VIP(皇室、総理、国賓)フライトの乗務ほか、新入客室乗務員訓練のインストラクター、
 重要業務プロジェクトメンバーに選抜されるなど幅広く活躍。
・全日本空輸株式会社退職後、ANAラーニング(株)NO.1講師として、
 様々な企業への研修を実施。研修では99%のリピート率の高さを誇る。
・現在は顧客との「接点」を徹底的に強化し、ストロークマネジメント手法を
 組織に定着させ、業績を大幅に向上させる組織変革コンサルタント
 (ストロークマネジメント・インストーラー)として様々な組織変革を支援。
・ベストセラー作家でもあり、「空の上で本当にあった心温まる物語1・2」、「チャンスをつかむ雑談力」、
 「ビジネスで差がつくマナーの心得」、「最上級のマナー」、「人はそとづらが9割」等 著書多数。

 当協会は、新しい時代の大人の道徳学校の設立を目指して立ち上げました。
単に知識や教養としての徳育ではなく、実践的な徳育を目指し、お互いが師であり
また、弟子でもある「互師互弟」の関係で、自己実現を成し遂げていく機関です。

豊かで幸せな人生をおくる為に、自らをたしなみ、美しい自己を確立していきましょう。 これは「修養」という言葉に集約されています。
いまふうにいうと、「自分を磨く」ということです。
皆様にとって「自分磨きとは」何でしょうか?
自分をゴシゴシ磨きますか?読書、セミナー受講、断食、滝行等いろいろありますが、
実はそれではあまり自分磨きにはなりません。

「自分磨きとは人磨き」 三枝理枝子

磨く対象が自分ではなくて、人を磨いていくこと。
自分を磨こうと思ってもなかなか磨けないものです。
磨けるのは自分ではなく他人だけ。人を磨く行為が自分を磨くことになります。
人を輝かせて、喜ばせてこそ、自分が磨かれていきます。
「自他同一」の考え方ですね。日本人が古来より大切にしてきた伝統的な精神です。
道徳とは、善く生きるための方法です。
善く生きるとは、善・悪と分けて、善い行いをしましょうということではなく、
自分自身の本質と調和し、開放した生き方をすることです。
その開放への近道(方法)を先人達が教えてきてくれています。
私達は、その方法を実践し、自分自身を開放し、善き人生を全うする役割があります。
「顔には笑顔、言葉は愛語」日本のよき文化を継承し、高尚なる勇ましい生涯を
後世へ受け継いでいきましょう。

国際ヒューマン・ポテンシャル協会
代表理事
三枝理枝子

会社概要

会社名 国際ヒューマン・ポテンシャル協会(英語表記 International Human Potential Associates.)
代表者 三枝 理枝子(株式会社 ストロークジャパン 代表取締役)
杉浦 達雄(パッションジャパン株式会社 代表取締役)
顧問 渡部 玄一(東京アンサンブルギルド 主宰)
事業内容 組織変革コンサルティング
研修・講演
ホスピタリティ・セールス資格【OMOTENASHI営業力検定】
書籍の出版
人材紹介
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-5-504
メールアドレス info@passion-jpn.com