国際ヒューマンポテンシャル協会(IHPA) > OMOTENASHI営業力検定

OMOTENASHI営業力検定とは?

世界に誇る日本発の心の修身実践検定。


主に「他者へのおもいやり、おもてなし、おもいでつくり」を根底に、ビジネスで活用・実践するため検定です。

美しい洗練された型(姿勢)や動作(振る舞い)の習得だけでなく、

OMOTENASHIプロセスを体系化・見える化(準備⇒感察⇒実行⇒振返りのステップ)することにより、

グローバルで通用するビジネス活動におけるOMOTENASHIの心と行動が着実に身につきます。


現代は、「物」を売る時代から「人」を売る時代へと変化してきています。感動を提供し、

自分自身を売る営業力が求められています。日本古来より伝わる「おもてなし」の極意を、OMOTENASHI営業力としてビジネス化し、

強固で良好な人間関係を構築し、接客力・セールス力を向上させ、ファン・リピート客を増加することで、組織全体と業績を活性化します。


検定を取得することが目的ではなく、検定を習得することが、OMOTENASHI営業力を身につける研修(トレーニング)の

一部となっていることが特徴です。加えて、充実した検定前研修・フォローアップ体制により、実践ファンづくり営業力を理解し、

行動を定着させ、高度化することができます。


業界・業種に応じた検定(研修)内容を ご用意しています。

検定を取得することで、検定取得者自身が幸せになるだけでなく、検定取得者と 接するすべての人が幸せになることを目指しています。

検定習得のメリット


商品、情報が溢れている現代こそ、人の心の豊かさが付加価値となり人を動かします。

何を買うのかよりも誰から買うのかが重要であり、顧客は人につく時代と言われています。



● ワンランク上のOMOTENASHIを身につけることで、顧客との強固な信頼関係を構築し、顧客の問題、ニーズを満たすことができ、

  ファンづくりに繋げることができる。

● 取得者は、人を慮ることができるようになり、営業・セールスの基本動作やプロセスを明確に行動へと移すことで、

  結果的に売上成果につなげることができる。

● 感謝される喜びを知り、その喜びを自己のモチベーションとし、職場の人間関係も  良好になる。

● 取得者個人が優れたOMOTENASHI営業力を発揮するだけでなく、リーダーを中心にストロークマネジメント(*1)手法より、

  OMOTENASHI実践行動を「組織」に定着化・実施可能とさせる仕組みとして導入する為、組織全体のOMOTENASHI変革を可能にし、

  永続的な改善活動を可能にする。

*1ストロークマネジメントとは、現代(母性)のマネジメント手法で、適切な『奨励・叱責』を 伝え、質問によって相手に気づかせて動かす、自律的人材を育成するマネジメント手法のこと